女性

アンチエイジングをする

治療方法

女性

美容外科クリニックへ行くと、様々な種類の若返り治療が用意されています。ごく大雑把に言ってしまうと、切る治療と切らない治療の2種類に大別することができます。これは、若返り治療だけに限ったことではないのですが、最近は切らない治療に重点を置くクリニックが増えてきました。美容外科分野の治療技術の進歩により、わざわざ体にメスを入れなくても、体にメスを入れた場合に引けを取らない治療効果を得ることができる方法がたくさん開発されました。体を切らない方法の方が、医師と患者の双方にとっていろいろな面でメリットが多いため、切らない若返り治療が行われるケースが増えてきています。切らない若返り治療には、特殊な糸を用いるもの、注射を用いるもの、レーザーや高周波を用いるものなどがあります。その中でも、ここ数年多くの人から注目されるようになってきているのが、特殊な糸を用いる方法です。この治療で用いられる糸には様々な形状のものがありますが、肌を切らない方法であるのにも関わらず、10年近く若返り効果を維持し続けることができるため、高い人気を集めています。

気をつけるべきこととは

特殊な糸を用いる若返り治療は、使用する糸の形状によって2種類に分けられます。まず1つは、表面に小さなトゲ状の毛羽立ち加工が施された糸を用いる方法です。皮膚の下に糸を挿入した後で、このトゲに皮膚の裏側を引っ掛けて、物理的に皮膚を引っ張り上げます。治療を受けた直後に若返り効果を実感することができるため、患者は高い満足感を得ることができます。表面に毛羽立ち加工が施された糸にも、溶ける素材で作られた糸と、溶けない素材で作られた糸とがあります。溶けない糸でリフトアップした場合は、若返り効果が消失してしまった後も永遠に糸が体内に残り続けますので、体内に異物が残る治療は嫌だという人は、溶ける糸を用いる治療を受けるようにした方がよいです。もう1つ、表面には何の加工も施されていないツルツルの糸を肌に埋め込む方法もあります。この場合は、糸の素材が純度99.99%以上の金になっています。埋め込んだ金の糸の刺激によって肌細胞の新陳代謝機能を活性化し、肌の内側からの若返りを目指す方法です。効果の現れ方がゆっくりしていますが、とても自然な若返りを実現することができるというメリットがあります。ただし、未熟な医師が糸を挿入すると肌から金の糸が飛び出してくることがありますので、経験豊富な医師にやってもらうのが望ましいです。